悲しすぎる「子供のカタチ」

陶芸家 ブログ 焼き物 陶芸作品 茨城県笠間市 足形 手形 赤ちゃん 立体足形 立体手形 記念手形・足形
(この画像は ブログの内容とは関係ありません)

 

2日前の朝に 初めての方から電話がありました。

 

「今日中に赤ちゃんの手形を取りたいのですが・・・出来ますか?

 

明日になったら納棺なので 今日中に手形を取りたいんです。」

 

 

 

私は動揺してしまって、そして混乱してしまって 聞き直しました。

 

一歳の赤ちゃんが病気で亡くなって 明日は納棺なので、

 

その前に今日皆が集まったところで一緒に手形を取りたいということでした。

 

 

 

事情が呑み込めた途端に 胸が締め付けられて言葉に詰まりました。

 

身体が無くなる前に手形を残すラストチャンスを 私に託してくれたのです。

 

失敗したら 今回は取り直しは出来ません。

 

 

 

大変な重い仕事を任せられた責任の大きさと ご家族の気持ちを思うと胸が締め付けられる想いで

 

胃の中に鉛が入っているような数日を過ごしています。

 

 

作品を額に入れてお届け出来るまで この重さは続くのかも知れません・・・。

 

 

子供さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

「子どものカタチ」はこちらから⇒

ブログ「縄文時代の手形足形」はこちらから⇒

 

陶芸家 ブログ 焼き物 陶芸作品 茨城県笠間市 手形 足形 赤ちゃんの手 子供の死 立体手形 記念手形