土鍋チャーシュー

陶芸家 ブログ 土鍋 煮込み料理 チャーシュー 焼豚 煮豚  土鍋料理 土鍋レシピ 豚塊肉 笠間市

みんなが大好きな 豚肩ロースのチャーシューです。

 

時々 ガツン!と作ります。

 

 

作り置きしておくと お肉もタレも色んな料理に使い回しができて とても便利。

 

タレは次のチャーシューを作る時に又使えますが 美味しいのでうちでは使い切ってしまいます。

 

 

〈レシピ〉

 

豚肩ロース肉 500g

 

醤油 400 cc

 

酒 180 ~250 cc

 

砂糖 0~100 cc (お好みの甘さで。みりんは入れません)

 

 

ショウガスライス 2~3枚 + 長ネギの青い部分 適宜

 

 

(小さな鍋を使って 隙間が小さい場合は、醤油の量は少なくなります。肉がほぼ浸る程度)

 

 

 

 

土鍋にタレと肉を入れて中火にかけます。

 

沸騰したら灰汁を取ってか火からおろして 鍋布団に包んで30分置きます。

 

肉を返して もう一度中火にかけて沸騰したら 再度鍋布団に包んで30分置きます。

 

最後にもう一度沸騰させて 味を染み込ませるために火を止めて10分以上冷まします。

 

鍋から出してしっかりと冷めたら スライスします。

 

 

 

*この調味料の分量は 塊肉用なのでかなりしょっぱ目です。

 

*鍋布団を使用するために 火にかけて蒸発する水分は少ないので 水は入れていませんが

 

鍋布団を使わずに作る場合は 水分の蒸発が多いので水を足してください。

 

 

陶芸家 ブログ 土鍋 鍋布団 チャーシュー 焼豚 煮豚  土鍋料理 土鍋レシピ 豚塊肉 笠間市

鍋布団が無い場合は 新聞紙と毛布で包みます。

 

又は温度が上がらないように気を付けながら 一時間とろ火で煮ます。

 

温度が高いと 水分がうまみと一緒に外に出てしまい、タレの方が美味しくなってしまいます。

 

 

陶芸家 ブログ 土鍋 煮込み料理 チャーシュー 焼豚 煮豚  土鍋料理 土鍋レシピ 豚塊肉 笠間市

お肉がタレから出ているので 途中で肉を返して 全部で1時間火を通します。

 

タレは冷蔵庫に保存して他の料理に使えます。

 

煮玉子やチャーハン 冷やし麺や蒸し野菜のタレが人気です。

 

陶芸家 ブログ 土鍋 煮込み料理 チャーシュー 焼豚 煮豚  土鍋料理 土鍋レシピ 豚塊肉 笠間市

柔らかくプルプルしたチャーシューの出来上がりです!

 

タレをかけていただきます。

 

今日はご馳走です。

 

 

 

切っていると 必ず端っこをねだりに来る人がいます。

 

頭の白いネズミです (ー_ー;)

 

陶芸家 ブログ 土鍋 煮込み料理 チャーシュー 焼豚 煮豚  土鍋料理 土鍋レシピ 豚塊肉 笠間市

冷やむぎのぶっかけ。

 

トッピングに チャーシューと焼きのりを乗せれば ご馳走の一品に早変わりです。