ペッちゃん、ありがとう

今朝 飼い犬のペッパーが逝ってしまいました。

 

柴犬の16才 うちに来てからは5年でしたが老衰でした。

 

 

在りし日のペッちゃん、食べながら寝てしまいました。

 

来た時からおばあちゃんだったのですが 日に日にこんな事が多くなりました。

 

最後は足がふらつき おむつをしました。

 

 

今日は 食べたかった物をたっぷりと並べて 牛乳を温めてあげました。

 

 

沢山食べたかったのに 食欲も落ちました。

 

牛乳も好きだったのに 下してしまうのであげれませんでした。

 

 

そこへ ペッパーの餌を盗み食べていた野良猫がやって来ました。

 

ご馳走がたっぷりで 鼻をひくひくと匂いのする方へ進んで、温かなミルクをたっぷりと飲んでいます。

 

 

今日は許すよ、どれを食べてもいいよ。

 

その代わりお焼香していってね。

 

誰にでも好かれたペッちゃん。

 

足を踏まれた時だけは「キャン!」と言ったけど それ以外は鳴き声を聞いたことがありません。

 

郵便屋さんも 宅急便も みんな頭を撫でていきました。

 

 

うちに来てくれてありがとう!

 

今はまだポロポロと涙が出るけれど・・・淋しいけれど・・・ 

 

 心からありがとう!